武道

杖四代と荷重トレ断念

もろもろ 武道

 早12月、今年を振り返って、…。後半、くどいので暇な人はご覧ください。
 世の中は、コロナ、オリンピックと姦しましかったが、どこへ行くにも杖をつかないとならなくなった自分事で印象に残らない一年だった。昨年の12月に左膝激痛で動けなくなってから1年近い。この間、鍼治療をしながらリハビリをして徐々には良くなってきた。その間、使った杖が両松葉杖、介護用杖、アカザの杖、木刀杖の四本。松葉杖以外は今も使っている。

杖四代

(1)松葉杖は、二本で両脇でしっかりとホールドして、約一ヶ月使った。左膝に1グラムでも体重が掛かると激痛で、そろりそろりと杖をついて家の中も動いていた。これなら車椅子が良い。バリアフリーにしておくべきだった。

(2)その後、介護用杖。これは、つれあいが使っていたのが残っていたので、使ってみるとぴったり。身長は私の方があったのに、変、…。『足が短いんだろう』、(ハイ)。

(3)次に、アカザの杖。これはアカザという植物から作ったもので非常に軽い。水戸黄門も使っていた(テレビだが)。一昨年、新潟県の出雲崎へ良寛さんゆかりの地を訪ねたときに、記念館で求めた。足の悪い患者さん用にと思って土産にしたが、自分が使うはめに(情けは人のためならず)。軽くて、今も一番使っている。

(4)最後は、木刀杖(私の命名)。平地を杖に頼りきりで無く歩けるようになったら、散歩のついでに空き地で素振りをしようと作った。市販の木刀は高価だし、先がとがっているので、ホームセンターで手すり用の丸棒を買ってきて、かんなとやすりで削って、自分の手に合うように握りを整えた。重いが剣道再開へ向けて11月から使用開始。外出にも使いたいが、昨今の電車で頻発する刺傷事件を考えると、持ち込んだら逮捕されそう。近所の散歩だけに留めている。

三つは今も現役

 杖がとれたら、重い物を担いだ荷重トレーニングとランニングに移る予定だった。しかし、階段坂道は杖をついた状態から抜け出せず、走るところまで行かない。年内で走るところまで持って行って、来年からは剣道を再開したいと頑張ってきたのに。
 もう辛抱たまらんと、膝の専門医を探して診て貰った。そうしたら、昨年のMRIを診て、左膝の内側半月板が損傷しているという。最初の外科医は外側半月板と言ったんだが、…。でも痛いのは内側だから正しそうだ。
 それで、新たにMRIを撮って手術も考えようと言われた。よくある半月板のかけらを取り除いたり、割れているのを縫合して、復活と思っていたら、…。半月板の損傷が大きくて骨から剥がれている、それにO脚もひどい。半月板は治らないから、運動をチャンとしたいなら、半月板のダメージを減らすために骨切り手術をしようと提案された。ええ、…、骨切り手術などは変形膝関節症で重症な人がやるのじゃないか、私は正座もできる、…。ショック、無理にでも、ちょっと走ったりして、どれくらいかダメか試してから判断しよう。先生に、走っては行けませんかと尋ねると、10kmも走ったりすると壊れると言われた。重い物を持ったり、深いスクワットもいけないという。負傷前もそんなには走っていない、それなら2,3kmは良いかと、帰ってから走ろうとしたが、痛みが来て走れない。うじうじ一ケ月以上考えたが、諦めて来年、手術を受けようと決めた。
 それで、せっかく荷重トレーニング用に、ザックに石の代わりにペットボトルに水を入れて担ごうと貯めてきた、ペットボトルも捨てることにした。改めてみると、あるわあるわ、50個以上、…。一体、何キロ担ぐつもりだったんだろう。
 これで、ハムストリングの肉離れ、コロナ、左膝痛と続いた3年間の鬱屈を打ち破って、来年は超回復というもくろみは破れた。また、半年以上のリハビリ生活になる。しばらくは落ち込んで、心も休めたい。先輩方をみていると75歳が転換点だったが、早めに来たので、巻き返す体力が残っていると信じて、70代の10年間を頑張れる体と心を来年1年間で作り直そうと、慰めている。

50本以上のペットボトル

代々木公園の梅咲く (左膝半月板と靱帯損傷のゲン直し散歩で発見)

もろもろ 武道 鍼灸

暖かい天気に誘われて、代々木公園まで散歩をしたら、梅の花がほころびかけている。
快晴の陽光を浴びて暑いくらい、久しぶりにゆったりとした気分になった。

ほころびだした梅の花 アップ
ほころびだした梅の花 全景

この年末年始は最悪だった。暮れに左膝の半月板と膝蓋靱帯損傷で、松葉杖の生活。詳しくは長くなるので、時間のある方は、おまけを読んで下さい。家の中でも松葉杖2本、手が空かない不自由な生活。二週間ほどで、平たい所は松葉杖無しで、そっと歩けるようになった。坂道や階段は辛い、安全のためにも杖がまだ手放せない。

梅の前に杖姿
松葉杖2本の姿

明治神宮の干支鈴は密を避けて、1月下旬に参拝して求めてきた。昨年のねずみとほとんど同じ格好、ただ色が赤に変わった。赤べこか。それまでの親子からデザイン変更。

干支鈴 牛ほか

ここ2年間は、左足大腿の肉離れ、コロナ、剣道再開で軽い肉離れ、暮れには膝と、悪いことが続く。まだコロナも収まっていないが、この一年で、養生、リハビリを行い、三年分を吹き飛ばすような超回復を目指したい。


※おまけ
 12/25に、普段通りに鍼灸院へ出かけようと家の近くの階段スロープを降りかけて、突然、左膝が痛くて動けなくなった。タクシーを呼んで運転手の肩を借りて乗り込み、駅前の整形外科へ、中まで肩を貸して貰って入った。椅子に座らせて貰ったが、そこから、受付までも動けずに、見かねた患者のおばさん二人が両方から肩を貸してくれた。レントゲンでは骨に異常なし、とりあえずヒアルロン酸注射と湿布と痛み止めロキソニンという三点セットに、松葉杖2本と膝サポーターと定番の処置。そこから、急遽、松葉杖2本で、よろよろと歩いて駅に行き、タクシーに乗って一旦家へ戻った。
 夕方に再度、MRI検査ができる病院へ行き、1週間後に結果が、半月板と靱帯損傷。薬を飲む以外に、特にすることもなく、自宅でひっそりと、…。家の中でも松葉杖2本、手が空かない不自由さ、これなら車椅子の方が良い。バリアフリーにしておけば良かった。直ぐにはできないので、隣の部屋に行くにもエプロンで右のポケットにコーヒーポット、左のポケットにカップを入れて移動するありさま。少し量があると肩から袋を下げて移動。
 正月明けに鍼の師匠に診て貰って膝周りに鍼をして貰った。こっちの方が随分と効いた感じだ。自分でも手の届くところはやったが、膝裏は無理。研修生に毎週やって貰っていたのを週二にする。しかし、右足でかばっていたために、今度は右腰がぎっくり腰になって、泣きっ面に蜂。両方に鍼をして貰うことに。
 半月板の損傷がこんなにダメージが強いとは思わなかった。1グラム、いや1ミリグラムでも左足に重みがかかると激痛で動けない。初めての経験だった。痛風も痛かったが、それを上回る。

何で突然そんな事になったのといえば、剣道で、…。
9月に再開してから、また肉離れを起こして、だましだましやっていたんだけど。
12月中旬に会社の後輩が久し振りに来たので、ついムキになってやってしまった。
それから違和感があったけど、悪化はしていなかったので、12/24に裏山を歩いて段差の大きいところを下り、明星大前の急坂を登ったりとして、翌日に突然、動けないほどの痛みになった。駱駝の背骨を折る最後の藁一本が、前日の二時間近い歩きだったようです。
歳ということでもある。

半月板は怖い。テレビでも、居合道をやっている人の、手術治療の例が出ていたそうだ。
突然だし、少し動かしても激痛。剣道は踏み込む右膝を痛めることが多いが、…。左足は肉離れの後は歩くだけのトレーニングで走っていなかったのに、思い切り蹴ったのが悪かったのだろう。地稽古をするには、全力疾走ができるレベルまでリハビリをしないといけないと痛感。

半年ぶりに剣道再開そして休止、…

武道 鍼灸

 半年ぶりに手拭いの面マスクをつけて剣道を再開しました。ところが、息苦しくて脳みそが溶けそうです。20分持たせるのがやっとのこと。
 終わって、前からやっている人から手拭いよりも専用のマスクが良いとアドバイスされた。それで購入してみるとメッシュマスクで飛沫感染を防ぐ効果は落ちそうだが、マウスシールドもやっているので問題ないようだ。これだと、少しは楽だった。しかし、…。

面マスクをつけて防具をつけた

 一回目はおそるおそる稽古をしたのだが、二回目はちょっと調子を上げたら、左足太ももの付け根(内転筋起始部)がビリッときて痛い。数日経っても痛くてよく見たら、付け根ではなく、昨年肉離れをしたところが内出血をしていて、また肉離れのようだ。痛みは付け根ほど無いが、弱くなっているのだ。昨年は半年も稽古を止められたので、今回は、おとなしく養生することにして、また休止になってしまった。

また肉離れ?鍼治療・パルスも

面マスクを手拭いで作る

武道

剣道は、7月くらいから再開されたり中止になったりしながら、あちこちで稽古ができるようになってきました。ただ、実際に面をつけての稽古は短時間に限って、距離を取った素振りや基本稽古が中心です。

基本稽古中もマスクをするように全剣連からガイドが出ています。そして、マスクについて写真のような手作りできるものが紹介されています。私も9月稽古再開に向けて、京都大会の記念の手拭いを半分に切って二つ折りにして作ってみました。

京都手拭い面マスク

ちょっと味気ないので、浅草で求めた、粋な柄のマスクも作ってみました。これで、電車に乗ってみたら、他の乗客がちらちらと見て、ソーシャルディスタンスをとってくれます。良いですね(…、単に怪しい奴と思われたようですが)。

浅草手拭い面マスク

これだとうつむいた時にめくれ上がってくるので、ゴム紐で首輪を作ったのだが、みっともないので、磁気ネックレスを購入したら、良い感じです。首肩こりにも効果有りで、一石二鳥です(首肩こりには鍼灸の方が効きます!!(きっぱり)が、併用すると良いでしょうね)。磁気ネックレスは色違いもありますが、女性なら真珠など手持ちのネックレスをすると、おしゃれで、楽しめると思います。

面マスク磁気ネックレス

(補足)
最初に全剣連のホームページで、このマスクを見た時には、何じゃこりゃ、ダサ、と思いましたが、…。実は、この考案者は、大阪大学名誉教授 日本免疫学会元会長で剣道界にも大きく貢献をされている宮坂先生で、飛沫飛散防止に関しては不織布マスクと比較評価をして同等の効果を得ているそうです。失礼しました。

手拭いで作った面マスクは、圧迫感がなく、息苦しさも少ないです。自分を守るにはアベノマスク並だろうが、他人に移さないためには十分なので、日常のマスクとしても使えそう。手拭いは有り余っているので、柄を選んで作ろう。

« 古い記事