武道

代々木公園の梅咲く (左膝半月板と靱帯損傷のゲン直し散歩で発見)

もろもろ 武道 鍼灸

暖かい天気に誘われて、代々木公園まで散歩をしたら、梅の花がほころびかけている。
快晴の陽光を浴びて暑いくらい、久しぶりにゆったりとした気分になった。

ほころびだした梅の花 アップ
ほころびだした梅の花 全景

この年末年始は最悪だった。暮れに左膝の半月板と膝蓋靱帯損傷で、松葉杖の生活。詳しくは長くなるので、時間のある方は、おまけを読んで下さい。家の中でも松葉杖2本、手が空かない不自由な生活。二週間ほどで、平たい所は松葉杖無しで、そっと歩けるようになった。坂道や階段は辛い、安全のためにも杖がまだ手放せない。

梅の前に杖姿
松葉杖2本の姿

明治神宮の干支鈴は密を避けて、1月下旬に参拝して求めてきた。昨年のねずみとほとんど同じ格好、ただ色が赤に変わった。赤べこか。それまでの親子からデザイン変更。

干支鈴 牛ほか

ここ2年間は、左足大腿の肉離れ、コロナ、剣道再開で軽い肉離れ、暮れには膝と、悪いことが続く。まだコロナも収まっていないが、この一年で、養生、リハビリを行い、三年分を吹き飛ばすような超回復を目指したい。


※おまけ
 12/25に、普段通りに鍼灸院へ出かけようと家の近くの階段スロープを降りかけて、突然、左膝が痛くて動けなくなった。タクシーを呼んで運転手の肩を借りて乗り込み、駅前の整形外科へ、中まで肩を貸して貰って入った。椅子に座らせて貰ったが、そこから、受付までも動けずに、見かねた患者のおばさん二人が両方から肩を貸してくれた。レントゲンでは骨に異常なし、とりあえずヒアルロン酸注射と湿布と痛み止めロキソニンという三点セットに、松葉杖2本と膝サポーターと定番の処置。そこから、急遽、松葉杖2本で、よろよろと歩いて駅に行き、タクシーに乗って一旦家へ戻った。
 夕方に再度、MRI検査ができる病院へ行き、1週間後に結果が、半月板と靱帯損傷。薬を飲む以外に、特にすることもなく、自宅でひっそりと、…。家の中でも松葉杖2本、手が空かない不自由さ、これなら車椅子の方が良い。バリアフリーにしておけば良かった。直ぐにはできないので、隣の部屋に行くにもエプロンで右のポケットにコーヒーポット、左のポケットにカップを入れて移動するありさま。少し量があると肩から袋を下げて移動。
 正月明けに鍼の師匠に診て貰って膝周りに鍼をして貰った。こっちの方が随分と効いた感じだ。自分でも手の届くところはやったが、膝裏は無理。研修生に毎週やって貰っていたのを週二にする。しかし、右足でかばっていたために、今度は右腰がぎっくり腰になって、泣きっ面に蜂。両方に鍼をして貰うことに。
 半月板の損傷がこんなにダメージが強いとは思わなかった。1グラム、いや1ミリグラムでも左足に重みがかかると激痛で動けない。初めての経験だった。痛風も痛かったが、それを上回る。

何で突然そんな事になったのといえば、剣道で、…。
9月に再開してから、また肉離れを起こして、だましだましやっていたんだけど。
12月中旬に会社の後輩が久し振りに来たので、ついムキになってやってしまった。
それから違和感があったけど、悪化はしていなかったので、12/24に裏山を歩いて段差の大きいところを下り、明星大前の急坂を登ったりとして、翌日に突然、動けないほどの痛みになった。駱駝の背骨を折る最後の藁一本が、前日の二時間近い歩きだったようです。
歳ということでもある。

半月板は怖い。テレビでも、居合道をやっている人の、手術治療の例が出ていたそうだ。
突然だし、少し動かしても激痛。剣道は踏み込む右膝を痛めることが多いが、…。左足は肉離れの後は歩くだけのトレーニングで走っていなかったのに、思い切り蹴ったのが悪かったのだろう。地稽古をするには、全力疾走ができるレベルまでリハビリをしないといけないと痛感。

半年ぶりに剣道再開そして休止、…

武道 鍼灸

 半年ぶりに手拭いの面マスクをつけて剣道を再開しました。ところが、息苦しくて脳みそが溶けそうです。20分持たせるのがやっとのこと。
 終わって、前からやっている人から手拭いよりも専用のマスクが良いとアドバイスされた。それで購入してみるとメッシュマスクで飛沫感染を防ぐ効果は落ちそうだが、マウスシールドもやっているので問題ないようだ。これだと、少しは楽だった。しかし、…。

面マスクをつけて防具をつけた

 一回目はおそるおそる稽古をしたのだが、二回目はちょっと調子を上げたら、左足太ももの付け根(内転筋起始部)がビリッときて痛い。数日経っても痛くてよく見たら、付け根ではなく、昨年肉離れをしたところが内出血をしていて、また肉離れのようだ。痛みは付け根ほど無いが、弱くなっているのだ。昨年は半年も稽古を止められたので、今回は、おとなしく養生することにして、また休止になってしまった。

また肉離れ?鍼治療・パルスも

面マスクを手拭いで作る

武道

剣道は、7月くらいから再開されたり中止になったりしながら、あちこちで稽古ができるようになってきました。ただ、実際に面をつけての稽古は短時間に限って、距離を取った素振りや基本稽古が中心です。

基本稽古中もマスクをするように全剣連からガイドが出ています。そして、マスクについて写真のような手作りできるものが紹介されています。私も9月稽古再開に向けて、京都大会の記念の手拭いを半分に切って二つ折りにして作ってみました。

京都手拭い面マスク

ちょっと味気ないので、浅草で求めた、粋な柄のマスクも作ってみました。これで、電車に乗ってみたら、他の乗客がちらちらと見て、ソーシャルディスタンスをとってくれます。良いですね(…、単に怪しい奴と思われたようですが)。

浅草手拭い面マスク

これだとうつむいた時にめくれ上がってくるので、ゴム紐で首輪を作ったのだが、みっともないので、磁気ネックレスを購入したら、良い感じです。首肩こりにも効果有りで、一石二鳥です(首肩こりには鍼灸の方が効きます!!(きっぱり)が、併用すると良いでしょうね)。磁気ネックレスは色違いもありますが、女性なら真珠など手持ちのネックレスをすると、おしゃれで、楽しめると思います。

面マスク磁気ネックレス

(補足)
最初に全剣連のホームページで、このマスクを見た時には、何じゃこりゃ、ダサ、と思いましたが、…。実は、この考案者は、大阪大学名誉教授 日本免疫学会元会長で剣道界にも大きく貢献をされている宮坂先生で、飛沫飛散防止に関しては不織布マスクと比較評価をして同等の効果を得ているそうです。失礼しました。

手拭いで作った面マスクは、圧迫感がなく、息苦しさも少ないです。自分を守るにはアベノマスク並だろうが、他人に移さないためには十分なので、日常のマスクとしても使えそう。手拭いは有り余っているので、柄を選んで作ろう。

都立七生公園を知っていますか?

もろもろ 武道

猛暑が続きます。
コロナ太りを何とか減らして、9月から剣道を始めたいと思い、一番暑い昼間に走っています。
それでもなかなか痩せません、100g、200gという微妙な増減。
3月に太りだした頃は、あれあれという間に増加したのに、…。

あまりの暑さに、近くに都立七生公園が有ると聞きつけて、行ってみた。動物園の先、バッティングセンターの横に標識があって、入ると、大木が木陰を作っていて、日がささない。これはよさそう。誰も居なくて、蝉時雨だけ。苔むした歩道を歩くと暑さがしのげる。しかし、ヤブ蚊がすごい、顔に当たってくる、目にも飛び込んでくる。手で払いながら、一周した。約20分。自然のままで、森林浴にもなり良いのだが蚊だけ困った。

七生公園入り口

アマゾンのセール期間中で、防虫ネットというのが良さげだった。しかし、コメントを見ると暑苦しいという。それは勘弁。そこで、網戸張り替えの網が余っていたので、自作してみた。長方形に切って、頭にぐるっと巻いて帽子をかぶると、うまい具合に風も通るし、蚊も寄せ付けない。今はこれで、七生公園に入ると着けて、出る時に外して、くるくる巻いてナップザックに戻しています。

網戸で防虫ネット

それまでは、木陰を作ってくれる七生丘陵(近くの中学校の裏山)を走り、そこから、降りて動物園の方へ出ていた。すると遮るものなし、ただ暑い。他に木陰はないかと探して、動物園の横に都立七生公園というのがあると風の噂が、…。40年間住んでいて知らなかった。動物園通り(都道503号線)を南へ進むと、動物園利用者用の駐車場と畑の中に、都立七生公園の標識が立っていた。

七生丘陵

ネットで検索すると、「現在まだ整備中で多摩動物公園の西側に隣接する、多摩丘陵に残された自然を活かした公園です」とある。いつできたのかは不明。ただ、多摩動物公園が1958年5月5日に開園し、都市公園としての正式名称は、都立七生公園と言う。しかし、柵があって動物園とはしきられている。七生公園の方が小さく、おまけのようになっている。

七生公園 展望台、動物園との境

2m幅の舗装道路があって、後は何も無い。自然を生かしたというか、放置したというか。トンボ池という水たまりが有り、昆虫の森という草むらが有り(保護のために人は入れない)、他には何も無い。永久に整備中の気がする。しかし、おかげで静かに森林浴ができる。段差がばらばらの階段は足腰を鍛えるのに良い、一気に登ったら足がつりそうだった。

七生公園 ばらばらの階段

« 古い記事