武道

201909日野市民大会

武道

日野市民大会が9月22日にあった。
試合に先立ち、剣道形の演武に加えて、直心影流の法定之形も披露された。
私は第二試合場の担当で、中学生の男女個人戦と団体戦だった。クラブチームのよく鍛えられた子から、中学に入って始めた子の多い学校チームと実力差はあったが、ピーンと気迫に満ちて締っていた。

190922日野市民大会1 剣道形
20190922日野市民大会2 法定之形
20190922日野市民大会3 試合風景

 今年は、日野市剣道連盟60周年記念大会 という節目の年だ。1952年にサンフランシスコ講和条約発効にともないGHQの禁止令が解けて全日本剣道連盟が結成され、各地で剣道が再開された。近隣の市区町村でも、同じような時期になる。
 加えて、明治維新で佐幕側で奮闘した新撰組土方歳三の出生地として、今年は彼の没後150年であり、市内随所にポスターが掲示されている。

 このような歴史的なイベントを振り返ると、福生にある造り酒屋 石川酒造の社長の講演を思い出す。
 石川家は福生市(旧熊川村)で、18代400年続いた名家で、合併前の熊川村で名主も務めた。
 特筆すべきは、400年間、代々日記を書き続け、先代社長が専門家に現代語に翻訳してもらい出版した。
そこから、独特の歴史観を披瀝してくれた。明治以降の9代を三つに分けて、大きな変化に遭遇した(する)という。
一つ目は、13代目に明治維新に遭遇した。
二つ目は、日本の敗戦、10万坪という広大な土地を農地解放で手放す。
三つ目は、社長の次の代が21世紀に入り、日本が赤字国家として、リーマンショックなど比べものにならない、大きな波乱が起きるだろうと予測する。

私は先の二つに匹敵する大波乱なら、異常気象とも言われなくなった気候変動、環境問題かと思っていた。しかし、最近の日韓関係のきな臭さを考えると、近い将来統一されるだろう朝鮮と米中の代理戦争をさせられる危険性が相当するのではないかと考えを変えた。そうなると、武の精神が大事になる、争いに動じぬ心を持つからこそ防ぐことができるなどと思いつつ、左足ハムストリングの肉離れ完治前で、合同稽古を止めて帰った。

#『春秋左氏伝』の宣公十二年に、戦いにはやる家臣をたしなめる際に、「武」を分解すれば、武器を表す「戈(ほこ)」を「止める」と書くではないか、とあるそうです。正しくは、戈を持って進む形が武で、それは戈を執って戦う時の歩き方であるから、「いさましい、たけし、つよい」の意味になるらしいが、武は平和を内包するという解釈も捨てたものでは無いと思う。

NHKあさイチでスタンフォード大学IAP呼吸法を紹介

武道 鍼灸

昨日(2019/07/23)のNHKあさイチで、スタンフォード大学のスポーツ選手向けの呼吸法が紹介されたと知人から聞いた。ネットで検索するとかなりの話題になっている。

 IAP呼吸法という。IAPは、Intra Abdominal Pressureの略で、おなかの中の圧力のこと。息を吸ったり吐いたりするときにおなかをふくらませたまま行うことで、おなかの中の圧力が高まり、体のゆがみが補正されるため疲れにくいカラダになるそうです。
 常にお腹の中に圧力がかかったままになり、脊髄が安定して、疲れにくい体になる。選手の腰痛が減り、パフォーマンスも向上したという。
 スタンフォード大学というと、シリコンバレーのITベンチャーの苗床と思っていたら、タイガー・ウッズやジョン・マッケンローなど、多くのプロアスリートも輩出しているという。
 このサイトで、「気持ちよい呼吸=正しい呼吸法」として、紹介した「逆腹式呼吸」と同じだ(ネーミングの洗練さでは負けているが)。

「剣の悟りを求めて」 ー剣の悟りを求めて入ったが、力まず現実直視の心を学ぶー

坐禅 武道

 数年前の”南無の会坐禅会600回記念”で、ただのパーティで無く、参加者が坐禅で得た功徳(メリット)を論集にしようと指導されている中野先生が発案されて、かなりの投稿が集まりました。それぞれに興味深いものでした。

 本人の投稿文は公開しても良いというので、遅ればせながら紹介します。長文なので、時間がある方はどうぞ。

「剣の悟りを求めて」
ー剣の悟りを求めて入ったが、力まず現実直視の心を学ぶー

 私は長く剣道をしていて、昔の剣豪が坐禅をして悟った事に興味を持っていましたが、な かなか機会がありませんでした。それが2001年に中小企業診断士の資格を取って、その集まりの中で、港区田町の仏教伝道センターで、坐禅会をしていることを紹介されてから、通い始めて20年近くになります。

 最初は、公案を考えて、ハタと悟るといったことを期待していたのですが、それは臨済宗のようで、ここでは、曹洞宗の中野先生が指導をしています。曹洞宗は、道元の教えで、毎日の生活や修行の中で平凡な人でも、悟りに近づき、一度悟って終わりでは無く、常に新たに修行を続けると言うことで、返って私には合っているようです。

 先生は、生命倫理(臓器移植)や死の臨床に立合うことにも関心を持たれ、たびたび、癌の話が出てきます。その中で、「どんなことがあっても、『人生、良かった!』にしよう」というのが、先生の口癖です。通い出した頃、末期癌のつれあいがいたので、癌の話が出る度にぎくっとしたが、そのおかげで、心の準備をかなりできたと思います。
 連れ合いが亡くなった後も、先生の講話が生き死にに触れることが多くて、心の安定に役立ってきました。

 先生は教化研修部門の講師でもあり、著書も多数出版され、何を尋ねても、その場で答える学識に驚かれます。何よりも、講話は脱線と笑いが多く、ユーモアが好きな他に例を見ない先生だと思います。それにつられて、長く通っているようなものです。

 つれあいが亡くなった丁度1年後に、朝の通勤電車に幹事から、先生の奥さんが亡くなったと電話が入りました。お寺の名前と住所を教わると、勤め先の直ぐ近くでした。これは行かねばと思い、昼休みに総務から黒のネクタイを借りて訪問しました。すると丁度先生が廊下に座っておられて、(駅で突然亡くなられたので)警察から遺体をこちらへ安置したところで、葬儀は実は明日、とおっしゃいました。今日と思い込み、他人事とは思えず、駆けつけてしまいました。折に触れて先生が「自分に体験があるから共感できる」、「自分に悲しみがあるから、悲しみの人に寄り添い、わかる」と言われる、そのことを実感しました。

 一つ、うらやましかったのは、私のように葬儀屋探しはしなくても、安置する場所があると言うことでした。つれあいの死に際して私が一番辛かったのは、医者に危篤と言われてから、遠くからも身内が大勢集まった中で、一人離れて、葬儀社を探したときです。24時間、側に着いていたいのに、亡くなれば直ぐに病院から引き取らねばならず、病室から電話するわけにもいかず、二人とも地方から出てきて、何の伝手もなく、電話で何件も照会をしました。仕事の都合で亡くなったら葬式は早くやってくれという人もいて、まだ生きているのに、葬儀屋にいつできるかと尋ねて回るのは心塞ぐ思いでした。

 その後、折に触れて、先生が奥様のことを語るのは、心に響き、参考になりました。中でも、「供養には思いを引き継ぐことである」と話されたのが心に残っています。先生の奥さんは、海外の恵まれない子供の里親をしていたことを、その子供から手紙が来たのを見て知り、遺志を引き継いで里親になっているとの事です。
 それを聞いて、つれあいは、子供が大きくなったら老人福祉の仕事をしたいと思いながら、亡くなったことを思い出しました。私が定年直前に鍼灸の道へ進んだのは、つれあいの福祉の仕事への思いを引き継ぐのに役立つ技術であり、導きがあったのだと得心しました。

 つれあいが亡くなった翌年の異動で、お客さんが最も多い首都圏の担当となり、今までに輪をかけて忙しくなりました。長年かけて開発したシステムは、客先も含めて担当は入れ替わり、中身を知っている人も少ない中で、無理な改造を頼まれたりして、障害も多くて、責任者として、対応に追われました。そういう時に坐禅をすると頭ののぼせや力みがとれて気持ちも楽になりました。担当した3年間は、それ以前の30数年間分以上の謝罪をしたのではないかと思いますが、剣道と坐禅で乗り越えられたと思います。

 定年前に退職して、鍼灸の専門学校へ行き、鍼灸師になってからは、自由な時間が増えました。その中で、自由に流されずに心を見直すのに月2回の坐禅会は欠かせません。

 先生の講話の中で大事だと思うことをノートに取り、何冊にもなりました。中でも、心に響いているのは、講話の中で何度も繰り返し話される「如実知見」と「出来心が本心」と「縁起条件の調和」という言葉です。

 「人間は見たい物しか見ない。関心のあること、自分の立場から見る。その関心、立場を捨てて純粋にあるがままを見よう」、それが如実知見だと教わりました。
 あるがままに見よう、そう思うだけで見え方が変わってくる気がします。困った場面ほど、如実知見、如実知見と言い聞かせて現実を直視するようにしています。

 「生きているとは、一時も生を止めることが無い。自分は一時も止めること無く自分だ。だから、求めている自分と今の自分が違うと言うことは無い。『今の自分が自分で隠しようが無い』『丸出し』で生きている」、つい出来心でというのが本当の自分だと教わりました。
 目の前のことと別に何かあるのではないから、今のありのままを直視して、自分にも他人にも、『言い訳は要らない、聞かない』生き方を心がけるようにしています。

 「全ての存在は縁起条件の調和である。(1)条件は変化する、だから一定ではなく、無常。(2)存在は縁によって起こる、だから実態は無い、無我。(3)縁起条件の調和で存在する、だから損得は無い、無為」、だから存在はこだわりようが無い、空だと教わりました。
 困った時には、この縁起条件の調和だと思い聞かせて、自分であれこれ悩んでも仕方ない、病気は病気に任す、あるように生きるという勇気を得ています。

あなたは剣道に向いていない、…、(でも)、剣道は私に向いている

武道

面と向かって剣道に向いていないと言われたことは無いが、剣道に向いていないことは自分でもわかっている。

運動神経が良い訳でもないし、勝ち気でも無い。勝負事は勝ち気で負けて泣くくらいの方が上達が早い。

私は優しい両親の元で、おっとりと育った。父から怒られたり、ぶたれたことは一度も無い。一度だけ、何かで父が手を上げたが、逃げて玄関まで飛び降りると、手を打ち下ろすことは無かった。母親はいつもニコニコしていて、誰かに怒っているのを見たことがない。

子供の頃はとっくみあいの遊びもしたが、あくまで遊びだった。喧嘩をしたことは無い。中学生の時に一度だけ、学校帰りに横道へ、チョイ悪に引っ張り込まれて殴られたが、抵抗もせずに居たら、張り合いを無くしたか、3発ほど殴られて終わった。

そのような具合で、そのまま大人になり、社会人になっていたら、厳しい世の中を渡りきれなかったのでは無いか。特にソフトウェアプログラムの開発という仕事は、どんなに注意してもミスで問題が起きたり、納期プレッシャーも強い。社内の上下関係や、他部門調整、客とのやりとりでは、大声を出して怒鳴ったり、机を叩いたりして威嚇する者も居た。

剣道は仮想的にだが、竹刀を刀と思い、命のやりとりをする。大声(気合い)を出し、体当たりもある。寒稽古、暑中稽古で心身も鍛えられる。どんなに強い相手でも、上には上が居て、ビビったり、弱いところを見せてくれる。人間の弱さを知ることになる。その上で、命のやりとりの怖さ、恐怖心を乗り越えるべく、稽古を重ねていく。

剣道に比べれば、仕事で、どんなに脅してこようが、命までは取るまい、と思えば動じること無く、対応ができる。そういう意味で、私などのような不器用でおとなしく、争いごとが苦手な人間は剣道には向いていないかも知れないが、そういう人間にこそ、剣道は向いている。

長く剣道をしていると、それなりの強さも備わる。そんな柔じゃ無いだろう、むしろ逆じゃ無いかと言われることもある。

そんなわけで、少年剣道の指導や審判をしていると、活発に剣道に取り組み、強い子供は親も楽しいだろうが、へたれな子供ほど、『頑張れ、君にこそ剣道は向いている』と応援したくなる。親にも、そういう眼で見て欲しいと思う。仲良く平等と言うだけではなく、打たれ強さ、へこたれない精神も大事だろう。弱い子にこそ剣道は向いている、心が強くなる。

(備考)
・近頃は、レジリエンスというカタカナ言葉がはやってきた。災害や社会的問題、個人の問題など様々なストレスに対して、抵抗力や回復力を表す言葉だ。わかりやすく言えば、打たれ強さ、逆境を生き抜く、粘り強さ、それをどうやって身につけるか、剣道が向いている。
・剣道の良さは高齢になってもできること。竹刀という長さの間があるので、スピードや体力以外の要素で捌くことができる。
・剣道は、ストレス解消にぴったり、大声を出し、汗をかき、叩かれもするが人を打つことができる。高尚なことを言わなくてもメリットがある。
・剣道は、江戸時代に竹刀と防具が発明されて安全に稽古ができるようになり、武士から町人にも広がりました。現代でも、多くの武道やスポーツの中で傷害が少ない方です。偶に、アキレス腱を切ったり、ぎっくり腰や肉離れを起こしますが、…(経験しました)。これから気をつけるのは熱中症ですね。

« 古い記事