もろもろ

ベートーヴェンPf奏鳴曲 特集

もろもろ

フランソワ=フレデリック・ギィによる全32曲演奏シリーズが武蔵野市民文化会館 小ホールで始まった。
先週の土曜日に2ステージ、日曜日に1ステージのパターンで、3週連続9回の演奏会。
第1番 ヘ短調 Op.2-1から、舞台にすーっと出てきて坐るや、いきなり弾き出した。
その調子で、1回目は、第3番 ハ長調 Op.2-3まで。たっぷり聴けるというので、こちらもリラックス、…。2回目まで、3時間もあるので、駅前まで歩いて、喫茶店にこもって、軽い夕食とコーヒーで粘って読書。続けて第二回は5番から6番まで。
日を改めて日曜日、3回目は9,4,10,8番。なぜか、当日に9と4が入れ替わった。
全曲、さらりと始まったが、最後の第8番 ハ短調「悲愴」 Op.13 だけは、坐って、一呼吸、気持ちを集中させてから弾き出した。気持ちの入り方が違っていた。何か乗り移ったような気がこちらまで伝わってくる。やはり、名曲だと思わせる、一番の感動であった。

20191123~1208 フランソワ=フレデリック・ギイ ベートーヴェンPfソナタ全曲演奏会

直ぐ土日が控えている。これから、どんどんよく知った名曲が出てくる。贅沢な3週間だ。

鹿児島旅行で桜島の噴火に遭遇

もろもろ

先週末(20191108)、甥の結婚式に鹿児島へ。霧島神宮へ参拝に行ったが、鹿児島と言えば桜島。鹿児島駅から黒煙が上がる。谷山の結婚式場からも。霧島神宮からも遠くに煙がたなびく。

20191108桜島の噴火三景

南日本新聞によると、久々の大(?)爆発に、ちょうど出くわしたようだ。
※桜島爆発、噴煙5500メートル:8日午後5時24分ごろ、桜島の南岳山頂火口で爆発があり、噴煙の高さが5500メートルまで上った。噴煙量は多量。噴煙の高さが5000メートルを超えたのは、2016年7月以来。

初の現代音楽を聴く「メシアン:幼子イエスに注ぐ20のまなざし」

もろもろ

スティーヴン・オズボーンによるPf演奏会、「メシアン:幼子イエスに注ぐ20のまなざし」を昨日(2019/10/31)聴いてきた。

素晴らしい演奏だった。手が痛いほど拍手をした。

寝不足で、最初、ちょっとウトウトしたが、直ぐに目が覚めた。
フォルテで速いパッセージの連続。100m競争を10km続けるかのような演奏を2時間超、休憩無し。
4列目で、演者の真剣に齒を食いしばる表情、指使い。思わず、こちらも必死に聴く。
指もピアノも壊れるのじゃないかと思う強打。実際、何本かの指にはテーピングがしてあった。

スティーヴン・オズボーンPf演奏会「メシアン:幼子イエスに注ぐ20のまなざし」プログラム
スティーヴン・オズボーンPf演奏会「メシアン:幼子イエスに注ぐ20のまなざし

終わって拍手鳴り止まず、スタンデイングオベーションもここかしこで、会場のライトがついてようやく拍手は止んだ。

初めての? ヴァイオリン・リサイタル

もろもろ

ピアノはちょくちょく聴くが、ヴァイオリンは初めてじゃないかな。先日(2019/10/18)、武蔵野市民会館小ホールに雨の中出かけけた。

1964年ミュンヘン生まれのインゴルフ・トゥルバンの演奏。世界各国で演奏活動を行うと共に、大学で後進の指導にも当たっているという。
 長身で、端正な演奏。最初のタルティーニの「悪魔のトリル」も難度の高い技巧的な曲だが、淡々と弾きこなす。次のシューベルトの「華麗なるロンド」は、伴奏ピアノのフォルテから始まる掛け合いが素晴らしかった。ベートヴェンの「ソナタ第二番」も良かったが、最後のサラサーテの「カルメン幻想曲」では興が乗って楽しそうに弾いていて、こちらも引き込まれた。

 

 終わると、聴いていて久しぶりにこちらの顔がほころび、笑顔で拍手をしていた。
#最近、鍼灸院と自宅と二台のPCを入れ替えてセットアップに手間取り、お疲れのようだったが。

 観客は高齢者が多い。心豊かになったせいか、帰るときに超スローな動きの夫婦が前を歩いていたが、ゆっくりと後を着いて出た。会場出口にはスタッフが車いすを用意して待っていた。武蔵野市はなかなかゆとりがある。

 伴奏は、N響で数多くの指揮をしたサヴァリッシュの親戚というサヴァリッシュ朋子さん、ミュンヘンと名古屋で活躍しているそうだ。

« 古い記事