もろもろ

明治神宮の花菖蒲は解禁も時既に遅し、されど真っ盛りの睡蓮を楽しむ

もろもろ

緊急事態宣言が解除されて、明治神宮御苑も休園を解除。
遅ればせながらと花菖蒲を見に行ったが、時既に遅し。

ほとんど花が無い、人出が少なくゆっくりだったが、これだけ花が無くては宜なるかな。

清正井も人が居なくて澄んだ水をたたえていた。

花の無い花菖蒲田 明治神宮御苑

一方で、南池には睡蓮が真っ盛り。長いすに座ってしばし眺めて休らう。
長閑な一時、亀もあくびをしている。

今を盛りと咲く睡蓮 明治神宮御苑

春から初夏へ、明治神宮の緑、代々木公園のバラ、陽気に蛇も出る

もろもろ

いつもの散歩で、明治神宮の新緑も随分と濃くなってきた。一の鳥居を過ぎて代々木公園の入り口に曲がると、石垣をよじ登ろうとする蛇が二匹。

202105明治神宮の緑濃し

代々木公園入り口石垣を登る蛇2匹


結構な高さまで行くが、さすがに垂直の石垣は上れずに滑り落ちる。蛇嫌いな人は見ないでください。
隣に居たおばさんがきれいな模様と言う。蛇を見てそういう感想になるか。確かにきれいとも言える、奄美大島の紬にもハブの模様からデザインした龍郷柄がある。
しかし、蛇には怖い、ハブの刷り込みがある。子どもの頃に祖父の所へちょくちょく遊びに来ていたおじさんが太ももから先が無い。若い頃にハブに噛まれて切断したという。そのような話しをいろいろと聞いていたので、今でも、夜道で細長いものを見ると反射的に飛び退く。
先週、奄美に居る弟から畑でハブに出くわしたと聞いたばかり、暖かい陽気に誘われて出てきたのだろう。
代々木公園のバラを写真に撮って帰る時には、先の蛇は居なかった。どこの草むらへ消えたのか?石壁の上の草までたどり着いたのか?できるだけ、車道沿いを歩いて戻った。

202105代々木公園のバラ咲き乱れ
202105代々木公園のバラ大輪

好きな言葉

もろもろ

○全機、まんかい、力を尽くす、試行錯誤、一期一会
○いのちがまんかいに輝く
○澄む
○余裕、ゆとり
○困難はその人の背負える分しか与えられない、艱難汝を玉にする
○明日できることは明日に。日々是好日。
○今やらなくていつやる、俺がやらなくて誰がやる
○出来心が本当の心
○真善美(真に善いものは美しい)
○美意識のある生き方
○肩の力を抜いて、丹田・湧泉に氣を集め、骨盤を立てそこに腰椎を立てそこに胸椎を立てそこに頸椎を立てその上に頭を乗せる、軽く奥歯をかみしめ、遠くを観る
○真人は踵で呼吸する
○包み込む(窮鳥懐にいれば猟師もこれを撃たず、むやみには懐に入れないようにするが縁ある人は包める器になりたい)
○優しさ、見守る
○変わっているね
○人間到る処青山あり
○愚直、誠、実のある人
○失敗できる人間になれ(好きというより自戒の言葉)
○いいんじゃないの、てーげてーげ
○マドルスルー
○一番ムダなのは無駄な勉強(良かれと思うだけに時間浪費。自戒も含めて)
○自分をディスカウントするな
○受容・共感せよ、だからと同化しなくても良い
○和而不同
○価値観は人それぞれ、エニアグラム
○あるがままに良し、随所に主となれ
○やっかいな問題は絶え間なくやってくる、問題があることこそ、私たちが生きている証拠
○あなたは必ず死ぬんですよ。それをわかった上で、今、生きていることを大切にしなさい
○毎日に起こる、辛いことの一つ一つは魂の修行。修行があるからこそ、魂は清められていく
○今、今の状況の上で、人生良かったにしよう
○涙を流したことが後の人生の肥やしになる
○隠徳を積む事こそ、子供達への贈り物になる
○ありがとうと言われるように、言うように
○人の欠点をあげつらうのは、自分に徳がないから。先ず人を信じて包み込む
○人と比べることの愚かさ。自分は自分らしく『精一杯生きる』、精一杯、丁寧に
○皆、全てが真実丸出しで生きている。ただの平凡なあなたが一番良い
○あなたの喜びを喜んでくれる他人が必ず一人はいます
○好きな人とは「あの世でまたいっしょ」になれます
○他人をしあわせにしない限り、人間のしあわせはない。四無量心(慈悲喜捨)
○give and take → give and give and take → give and give and given
(助け合い、と言いつつ、クレクレ族 はNG)

お雛様を買って墓参り

もろもろ

娘が産まれて買った、おひな様を毎年、連れ合いが喜んで飾っていた。
段々と子供も大きくなって、仕事や学校に行き、最後のひな祭りは一人だったと、手帳に残っていた。それから程なくして4月には亡くなった。それを思うと切ない。
足の怪我で心が弱っているようだ。妙に思い出されて、…、小ぶりの雛を購い、墓参りに行ってきた。
昨日の雨が上がって、良い天気だ。普段、人前でも一人でも泣いたりすることは無いが、墓前で、しばし、じっと佇んでいるとホロリとしてくる。
涙が浄化作用がある。これで背中を押して貰い、もうひとがんばり、…、と思ったが、そう簡単では無い。

お雛様と墓参り
雛に陽うつろう
祈る、杖

杖を着いて、そろそろと歩いているようでは、発散できない、鬱屈するものがある。本当の老人や病の人は大変だと、身にしみてわかる。


帰りの車でつらつら考えると、平地は結構早足でも歩けるようになった。膝に注意が行き、左足母趾から足関節にかけて力が入ることに気がついた。30年前のアキレス腱断裂以来かばってきたんだ、まさに怪我の功名!左足の内側アーチと膝腰へかけての内転筋をもっとしっかりと働かせるように、わざとキチンと体重をかけて、杖をつきながら小幅でゆっくりと歩こう。手応え(足応え?)十分、半年後の超回復を目指して、もう一踏ん張りやれば、いい感じと前向きにさせてもらった。

« 古い記事