もろもろ

本日発売の鬼滅の刃 第23巻をゲット

もろもろ

 爺馬鹿で、孫に頼まれた本日発売の鬼滅の刃 第23巻をゲットしてきました。
 コンビニで早くに発売するという情報を聞き込んで早めに行こうと思ったが、さすがに夜明け前というのは寒い時期年寄りに悪い、大げさすぎると日が出た7:00に行った。探しても見つからないので、店員に聞いたらフィギュア付きは売り切れたとのこと、単行本も売っていない。前回は、おまけの缶バッジも欲しいと言われていたが、今回は、おまけは不要と言っていたので、まあ良いかと一旦、家へ引き揚げた。
 10時過ぎに駅前の本屋へ行くと、入り口に店頭にはありません、直接レジで買ってくださいと立て看板。レジに行くとずらーっと人が並んでいる。すごい人気だ。後ろへ並んでぼちぼちと進む。ワンピースに忖度をして発行部数を絞ったと言うから、単行本も品切れ、高額転売があるという噂もありそうだと思う。いつも鬼滅の単行本を積んであるコーナーを通りかかると、一所懸命探しているオバちゃんがいる。ちょっと顔を上げると、そこにも直接レジにと書いてあるんだが、人間、思い込みがあると顔を上げない。いつ気が付くかと見ていたが、余り長いのでかわいそうになって、「23巻、お探しならここに並んだらいいですよ」と声をかけた。そしたら、私の前へすっと並ぼうとする。せっかく教えてあげたのに、「オバちゃん、割り込んで良いとは言ってないよ」とガツンと一発、…。

——————————

鬼滅の刃 第23巻

 というのは嘘です。ちゃんと、後ろ-の方へ行って並んでいました。暇だったので、少し妄想しました。子供は学校の時間なので、頼まれただろう親やジジババが多かった。
 先に読んでしまった。最終巻で、最終鬼退治をしてハッピーエンド、…、とは、行きません。まさかのどんでん返し、子供向けのマンガとしてはストーリーが手が込んでいます。人気の理由がうかがえます。

久々の演奏会、サクソフォンのカルテットBASQ

もろもろ

 一昨日、久々の演奏会に行ってきた。サクソフォンのカルテット、すばらしかった サクソフォンの能力にびっくり。
 マイルドな音を出すと思っていたら、打楽器のようなリズムも刻める。
カルテットで、ソプラノ、アルト、テノール、バリトンというサクソフォンで、まるでオーケストラのように音楽を奏でていた。それでいて、サクソフォンの柔らかく暖かい音で、心地よさもある。
 和太鼓風な音も出せる、ピアノ風にも(ベートベンのピアノソナタ第14番月光の編曲版を演奏した)。
 リーダーがパリに留学中に和に目覚めたといい、和楽、赤とんぼ、ずいずいずっころばしなど、面白かった。
 まあ、それでも、演目では、ホルストの日本組曲がサクソフォンらしくて良かった。
 後ろの観客同士が大ホールに4人じゃ寂しいとぼやいていたが、見た目は別にして、音量的には十分、圧倒的だった。
 アンコールの最後が一番素晴らしい演奏だった。力を込めて拍手した。つい、CDも買った。

20201101演奏会サクソフォンのカルテットBASQ メンバー・舞台
20201101演奏会サクソフォンのカルテットBASQ プログラム
20201101演奏会サクソフォンのカルテットBASQ CD和楽ジャケット

パソコンにZoomツールをインストールする方法

IT もろもろ

Zoomをパソコンで使えるようにして、マイクやカメラの確認する方法を簡単に説明します。
詳しくは、Zoom のサイトを参照ください。

(0)事前準備
登録には、メールアドレスとパスワードが必要です。
PCのメールアドレスを用意してください。途中でメールが来て確認をします。
パスワードは予め考えておいてください。パスワードは次の通りでなければなりません。
 文字は8字以上
 1つ以上の文字(a、b、c…)
 1つ以上の数字(1、2、3…)
 大文字と小文字の両方を含む

(1)ここをクリックして、作業を進めます。

(2)「Zoomミーティングとチャット」画面が出るので、
【サインアップは無料です】ボタン押下

※英語画面の場合は、画面下にある、Language が【English▼】になっているので、
▼をクリックして、【日本語】を選択する。

(3)生年月日を入力して、【続ける】ボタン押下

(4)メールアドレスを入力して、
下記の文字を入力してくださいと出るので、表示された文字を入力して、【確認】ボタン押下

(5)入力したメールアドレスに、”Zoomアカウントをアクティベートしてください”というメールが来ているので、

そこにある、【アクティブなアカウント】ボタンを押下

(6)学校の代わりにサインアップしていますか?と表示されるので
→【○いいえ】 の ○をクリックする
→【続ける】ボタンが表示されるのでクリック

(7)Zoomへようこそと出てくるので、次の入力をする。
名(    )  姓(    ) パスワードを二回入力する
#パスワードは先に考えておく。

入力すると出てくる【続ける】ボタン押下

(8)「仲間を増やしましょう」画面が出てくる
→一番下の右にある、【手順をスキップする】ボタン押下

※「ご使用のパーソナルミーティングURL」が表示される。これは個人のIDになる。

(9)【Zoomミーティングを今すぐ開始】ボタン押下
Zoomのダウンロードが自動的に始まり、インストールされます。
#ダウンロードが始まらない時は、下の方にある【実行】ボタン押下

(10)インストールされて、Zoomアプリが立ち上がります。
そこで、【コンピュータでオーディオに参加】ボタン押下すると、マイクのテストができます。

Zoomのマイク、スピーカー、カメラをチェックする

Zoomがダウンロード・インストールされると、次のアイコンがデスクトップ画面にあるのでクリックをする。

Zoomアイコン

初期画面が立ち上がるので、
【サインイン】ボタン押下

メールアドレスとパスワードを入力する

すると、次のような起動画面が表示される。

Zoom起動画面

【設定】ボタン押下すると次のような設定画面に変わる。

Zoom設定画面

そこで、【ビデオ】ボタンを押下すると、ビデオ画面になり、カメラの動作を確認できる。
映像がひっくり返っている時は、右上の【90°回転】ボタンを二回押す。

Zoomビデオ画面

【オーディオ】ボタン押下すると、次のようオーディオ画面になる。
【マイクのテスト】ボタン押下して、声を出すと、入力レベルバーが延びて動作確認ができる。
【スピーカーの】(スピーカーのテストだが、一部のみ表示される)ボタン押下すると、スピーカーから音が出て動作確認ができる。

Zoomオーディオ画面

コロナは良いことだらけ?!

もろもろ

日経ビジネスの2020年9月4日 『生き方再起動 レジリエンスは「個」から』という記事を読んだら、コロナは良いことだらけに思えてきた。

”新型コロナウイルスが崩したものの1つが、既存の組織とそこにあった常識だ。社会の先行きは不透明になり、国や大企業すら見通せなくなった。だからこそ必要な「あなたはどう生きたいか」。根本的な課題が「個」に委ねられている”
#もともと、どう生きるかは個の問題だ。他人や政府や社会が決めることじゃない。戦後、目を背けてきた生死についてちゃんと考える機会になって良かったのでは。

”リモートワークの広がりで「会社が従業員を時間で管理する」というセオリーは通用しにくくなった”
#アウトプットで評価する。これも良いことだ。

”家にいる時間が長くなったことで、家族や地域の大切さに改めて気付かされた人も多いだろう”
#家庭不和も起きているようだが、絆を深めている人たちもいる。気づきを良き方向へ。

« 古い記事