春から初夏へ、明治神宮の緑、代々木公園のバラ、陽気に蛇も出る

もろもろ

いつもの散歩で、明治神宮の新緑も随分と濃くなってきた。一の鳥居を過ぎて代々木公園の入り口に曲がると、石垣をよじ登ろうとする蛇が二匹。

202105明治神宮の緑濃し

代々木公園入り口石垣を登る蛇2匹


結構な高さまで行くが、さすがに垂直の石垣は上れずに滑り落ちる。蛇嫌いな人は見ないでください。
隣に居たおばさんがきれいな模様と言う。蛇を見てそういう感想になるか。確かにきれいとも言える、奄美大島の紬にもハブの模様からデザインした龍郷柄がある。
しかし、蛇には怖い、ハブの刷り込みがある。子どもの頃に祖父の所へちょくちょく遊びに来ていたおじさんが太ももから先が無い。若い頃にハブに噛まれて切断したという。そのような話しをいろいろと聞いていたので、今でも、夜道で細長いものを見ると反射的に飛び退く。
先週、奄美に居る弟から畑でハブに出くわしたと聞いたばかり、暖かい陽気に誘われて出てきたのだろう。
代々木公園のバラを写真に撮って帰る時には、先の蛇は居なかった。どこの草むらへ消えたのか?石壁の上の草までたどり着いたのか?できるだけ、車道沿いを歩いて戻った。

202105代々木公園のバラ咲き乱れ
202105代々木公園のバラ大輪

«